保護めがね
保護めがね
創業以来のコア技術を用いて、レンズの品質や日本人の骨格に合わせた フレームの設計を徹底し、耐久性、耐衝撃性、UVカットなど、さまざまな機能を兼ね備えた高品質な保護めがねを展開しています。

創業以来のコア技術を用いて、レンズの品質や日本人の骨格に合わせた フレームの設計を徹底し、耐久性、耐衝撃性、UVカットなど、さまざまな機能を兼ね備えた高品質な保護めがねを展開しています。

仕事や日常生活において眼からの情報はとても重要です。眼は人間の体の中でも再生機能をほとんど持たない器官のため、負傷したり、受傷前の状態まで回復が期待できない場合、その後の仕事や日常生活への影響がとても大きくなります。
作業中は、飛来物、粉じん、薬品、熱、有害光線など、作業者の眼には危険がいっぱいです。そのため、保護めがねの着用が重要なのです。

▶ 保護めがね とは

保護めがね 選択ポイント

選択のポイント
左右の眼の中心の距離や耳の位置など個人差があります。そのため、自分の顔にあった保護めがねを選ぶことが大切です。
めがねを正しく装着するためには、鼻と両耳の三点で均等に支えます。
対象作業
浮遊粉じん、薬液飛沫、飛来物等の発生する作業又はその周辺で行われる作業
用途
・研磨、研削、グラインダー、木工、粉砕、刈払い、鋳造砂処理、粉末取り扱い
・農薬散布(液状)、薬品・溶剤取り扱い
・塗装
・医療
・一般軽作業、日曜大工・DIY
・その他、粉じん発生作業等
保護めがねの種類と特長
●一眼形保護めがねとは
・一枚レンズで視界が広く明るい
・視界を遮るパーツが少なく、サイドの視界が重要な作業に最適

●二眼形保護めがねとは
・レンズが左右に分かれているタイプ
・レンズ交換可能なタイプが多く、いつでもクリアな視界で作業に集中することが可能。

●オーバーグラスタイプとは
・ご自身の度付きめがね(視力矯正眼鏡)の上から掛けるタイプ。
※一般の視力矯正眼鏡は、十分な耐衝撃性が確保されておらず、レンズが割れケガをする恐れがあります。
眼鏡着用者は、オーバーグラスタイプ保護めがねを着用するか、度付保護めがねを着用してください。


注目製品

PREV

NEXT